このエントリーをはてなブックマークに追加
車検時の補修・修理がベスト

補修・修理のパーツ手配について

デフレの影響を受け夜中のあらゆる製品が安く購入できるようになりました。安くなる事は良い事でもありますが、物を大事にしない人が増えているのも事実です。
今までは補修・修理と言う職業だけでも成り立っていた会社もありますが、そのような会社は年々少なくなっているように思います。
補修・修理をするにも保守パーツ設定を最初から設定しない製品が増えてきている為です。
壊れた場合の処置としては新品交換での対応となります。
又、補修・修理の設定がされていてもその費用が新品購入費より高い設定となっているケースもあります。
メーカーも保守パーツとしてはそれほど在庫をかかえず価格設定も倍からそれ以上の設定をするのが当たり前のようで、補修・修理を高めに設定すれば、新品購入より高くなって当然です。
以前はそれでも製品費用が、現在ほど安くは無かったので、補修・修理より高くなる現象は無かったと思いますが。
但し、需要の多い製品の補修・修理のパーツについては、オリジナルでは無く海賊版となるパーツを安く製造販売する会社もあります。
その部材を手に入れ正規ルートでは無く、補修・修理サービスをしている会社もあります。

最近の傾向として、ものを大事にしない、補修・修理を不要とし製品寿命が短くなっています。
直ぐに使い捨てる製品よりパーツをとり補修・修理に使う事仕組み考える必要があるのではないかと感じています。
既にそのようなサービスも存在しているとは思いますがそれを確立するには、廃棄製品の回収の仕組みが重要となるでしょうが。