このエントリーをはてなブックマークに追加
車検時の補修・修理がベスト

ギターのパーツを補修・修理して

私は高校生のとき、軽音楽部に所属していました。ある有名なバンドのギタリストに憧れて、軽音楽部への入部を決めたのです。
しかし、楽器の全くできないままに入部した私は、その楽器の購入から始まりました。ギター、アンプ、コードなどを買い揃え、それだけでも50000円ほどかかってしまいました。それでも、これから練習するギターに、とてもわくわくしていました。私はそのとき、アルバイトをしようと思っていたのですが、いざ練習し始めてみると、その楽しさにめっきりはまってしまい、アルバイトなんて忘れていました。毎日、放課後になると部活に行き、土日は自宅でギターを引き続けていました。
しかし、ギターというのは、使っていくうちに、どんどん弦がずれていくものなのです。
使いすぎると切れてしまうこともありました。そのため、ギターのパーツは、定期的に補修・修理が必要になるのでした。
しかし私は、アルバイトをしていなかったため、その費用が出せなかったのです。

そのため私は、補修・修理費のぎりぎりのラインでアルバイトをすることにしました。それは、毎月2000円でした。
たった2000円なので、月1日のアルバイトで十分だったのです。
そうして私は、高校生活の間、月に1度のアルバイトと、ギターを楽しんでいました。私にとっての高校生活は、全てがギターに包まれていて、とても思い出に残っています。
今でもそのギターは自宅にあり、たまに見ると懐かしくて良いものです。

お役立ち情報