このエントリーをはてなブックマークに追加
車検時の補修・修理がベスト

腕時計のパーツの補修・修理

私の父は、ある会社の営業サラリーマンとして働いています。
父はもう、勤続25年を迎え、その会社の中でもエリートでした。
そんな父は、自分へのご褒美にと、腕時計を購入しました。営業サラリーマンにとって、時間行動は当たり前です。
そのため、ご褒美でありながらも、仕事に必要なものを購入することに決めたのでした。
そうして購入した腕時計でしたが、少し困ったことがありました。父はとても大柄な人で、太っているわけではないのですが、体中がごつごつとしています。
そんな父の洋服のサイズは、どれもLLを着ていて、もちろんその腕も太いのでした。
父は腕時計を購入するとき、デザインに一目惚れをして購入したため、腕にはめていなかったのです。
そして、いざ自宅に帰って腕時計をはめてみると、父の腕には収まらなかったのでした。
ベルトがまわらないわけではないのですが、穴の位置が足りなかったのです。

これに困った父は、時計屋さんに戻り、ベルトのパーツを補修・修理してもらうことにしたのです。
時計屋さんにそれを言うと、あっという間に新しい穴を作ってくださり、父の腕にもぴったりとはまったのでした。
そしてようやく父は、一目惚れをした腕時計を身につけることができたのです。
父は毎日、その腕時計を身につけて出勤しています。
腕が太いことで、もしかしてメタボになってしまったのかと、少し悩んでいた父が、可愛らしく見えました。気に入った腕時計を購入できてよかったと思います。

お役立ち情報