このエントリーをはてなブックマークに追加
車検時の補修・修理がベスト

旧車の補修・修理を行う際は専門のパーツショップで行うのが良い

車やバイクは必ず故障します。
その際、補修・修理が必要になります。
その破損箇所によって修理費はまちまちです。
ちょっとしたプラスチック部品が破損した場合は数百円で済みます。
ゴム類であれば数百円の物もあります。
外装のエアロパーツ等は比較的高価です。
中古部品が豊富な車種であれば安く部品を手に入れることが出来るので、修理費が安く済みます。
エンジンが何らかの理由で破損してしまった場合は、エンジンを載せ換えなければならないので、非常に高価です。
新車を購入してすぐに自然故障した場合には、修理費が無料になる可能性もあります。
一番修理費が掛からないのはやはり大切に乗ることです。
なるべく日頃のメンテナンスや、定期点検を欠かさないようにしましょう。
古い車やバイクを修理する場合、普通はメーカーに在庫がありません。当然、古い車やバイクですから故障は当たり前です。
その場合、大切に乗っている車であったら非常にショックだと思います。
しかし、熱狂的なファンがいる車種であればパーツショップなどが補修部品を販売している事があります。
その大半がメーカー純正の部品ではなく、ショップオリジナル若しくはどこかのOEM品です。
しっかり作ってあればそれでも何ら問題はありません。外車の場合、日本ではそれらの部品を作っているショップは少ないので海外から輸入しなければならない場合もあります。
個人でやるとなると面倒な手続きが必要になりますし、外国語を覚えていないといけません。その場合は代理店を探してみるのがいいでしょう。現在古い車やバイクを所有していて、部品供給に不安がある方は諦めずにそのような車やバイクが載っている雑誌やホームページを見つけてパーツ屋の情報を見つけてみましょう。

お役立ち情報