このエントリーをはてなブックマークに追加
車検時の補修・修理がベスト

車のパーツの補修・修理について

男の人は知ってろとお思いますが車が100000キロ超えるとタイミングベルトというのを交換します。
何故かというとこれがもし切れた場合車は壊れてしまいます。
修理してもエンジン系なので莫大な金額がかかってしまいますので、補修・修理する事を考えると壊れる前に交換しておく必要があります。
このタイミングベルトというパーツ事自体は1万円しないんですが工賃が大体5,6万します。
普通車や軽によって、または修理工場によって値段は違いますが、これだけの差があります。
たかがゴムでできているベルトなのにあの大きい車の生命を左右する存在にあたります。
人間の体で言うと切れたら大変なことになるという意味では心臓の血管の部分にあたる存在だと思います。

そもそも車はパーツがなければ走りません。パーツがパーツを動かしています。
修理・補修する前に常にメンテナンスをして正常にしておく必要があります。
洗車も見栄えをきれいにするだけではなく洗うことによりボディの塗装を長持ちさせるということでもあります。
運転の仕方一つとってもそうです。
エコ運転することによりエコにもなるしその結果エンジンにも負担をかけないようにしています。
車のパーツは人間の体と一緒なのです。
壊れれば病院に行かなければなりませんしそこにはヤブ医者も名医もいるのです。
たかが消耗品とかお金出せば何とかなるとか壊れたら買い換えればいいやなんて思わず、愛着を持って管理してください。

お役立ち情報